芸能・文化

囲碁、中国の於之瑩が2連覇 女性世界戦、佃亜紀子は4位

 優勝カップを手にする中国の於之瑩六段。左から4位の佃亜紀子五段、2位の韓国の崔精九段、右端は3位の台湾の黒嘉嘉七段=24日、東京都千代田区の日本棋院

 囲碁のワールド碁女流最強戦2019は24日、東京都千代田区の日本棋院で決勝が打たれ、中国の於之瑩六段(21)が韓国の崔精九段(22)に勝ち、2連覇した。日本の佃亜紀子五段(47)は、3位決定戦で台湾の黒嘉嘉七段(24)に敗れ、4位となった。

 同棋戦には日本、中国、韓国、台湾、欧州の五つの国・地域から8人が出場し、トーナメントで争った。優勝賞金は1千万円。日本の万波奈穂四段(33)、上野愛咲美女流棋聖(17)、牛栄子二段(19)は1回戦で敗退した。

 於六段は崔九段と並び、女性の世界2強とされる強豪。


(共同通信)