スポーツ

バスケJX決勝へ、トヨタ勝つ Wリーグ準決勝

 デンソーに2連勝し、声援に応えるJX―ENEOSの選手たち=豊田市総合体育館

 バスケットボール女子のWリーグは24日、愛知県の豊田市総合体育館でプレーオフ準決勝第2戦の2試合が行われ、レギュラーシーズン1位で歴代最長の11連覇を目指すJX―ENEOSは80―60で4位デンソーを下し、2連勝で決勝に進出した。2位トヨタ自動車は3位の三菱電機に75―65で勝ち、1勝1敗で25日の第3戦に持ち込んだ。

 JX―ENEOSは守りからリズムをつくり、両チーム最多の21得点を挙げた渡嘉敷や14得点の宮沢らが引っ張った。トヨタ自動車はフリースローで26点を稼ぎ、長岡が16得点を挙げる活躍だった。


(共同通信)