スポーツ

アイスホッケー日本製紙が2連勝 PO準決勝

 アイスホッケー、アジア・リーグのプレーオフ準決勝(5回戦制)は24日、北海道釧路市の日本製紙アイスアリーナなどで第2戦が行われ、今季限りで廃部が決まっているレギュラーリーグ4位の日本製紙が同1位のデミョン(韓国)を2―1で破って2連勝とした。

 日本製紙は第1ピリオドに入倉が決めて先制し、追いつかれて迎えた第3ピリオド序盤に大津が決勝点を挙げた。GKマッキンタイアは27セーブと奮闘した。

 28日の第3戦からはデミョンの本拠地、仁川で行われる。

 準決勝のもう1試合はハルラ(韓国)がサハリン(ロシア)に2―1で勝って1勝1敗とした。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス