政治

辺野古移設は中止と野党 与党、県民の理解獲得を

 米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を巡る沖縄県の県民投票で反対過半数となったことに関し、野党からは24日「県民の明確な意思表示であり、政府は完全に立ち止まるべきだ」(立憲民主党の長妻昭代表代行)と、辺野古移設の中止を求める声が出た。与党幹部は「辺野古以外」は現実的な対応ではないとし、県民の理解獲得に全力を挙げるべきだと指摘した。

 立民の福山哲郎幹事長は「県民の民意を全く無視する基地建設の強行は、安倍政権の体質を如実に表しており、断じて許し難い」として、辺野古での工事中断を求める談話を発表した。


(共同通信)