スポーツ

クリストフェシェン優勝 アルペンW杯男子大回転第7戦

 アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は24日、ブルガリアのバンスコで男子大回転第7戦が行われ、世界選手権を制したヘンリク・クリストフェシェン(ノルウェー)が合計2分26秒87で今季初勝利、通算17勝目をマークした。0秒04差の2位に入ったマルセル・ヒルシャー(オーストリア)が5季連続6度目の種目別優勝を決めた。

 新賢範(Brain)は1回目55位で2回目に進めなかった。石井智也(ゴールドウイン)は1回目途中棄権。(共同)


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス