スポーツ

谷口、王者が計量パス WBOミニマム級世界戦

 WBOミニマム級タイトルマッチの前日計量をパスした挑戦者の谷口将隆(右)と王者のビック・サルダール=25日、東京都内

 世界ボクシング機構(WBO)ミニマム級タイトルマッチ(26日・後楽園ホール)の調印式、計量が25日、東京都内で行われ、挑戦者で同級2位の谷口将隆(ワタナベ)は制限体重より100グラム軽い47・5キロ、王者ビック・サルダール(フィリピン)はリミットの47・6キロで、ともに1回でパスした。

 調印式で25歳の谷口は「勝って一番ということを証明したい」と意気込みを語った。2016年4月のデビューから約3年、14戦目での世界初挑戦。ジム同期の京口紘人はデビューから1年3カ月で世界王座に就いており「いいタイミングで世界戦がめぐってきた」と闘志をみなぎらせる。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス