社会

辺野古移設が「唯一の解決策」 ハガティ駐日米大使

 大阪市で講演するハガティ駐日米大使=25日午後

 ハガティ駐日米大使は25日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡る24日の県民投票で反対票が7割を超えたことについて、辺野古移設は沖縄の負担軽減や普天間返還のための「唯一の解決策だ」と強調した。移設を推進するトランプ政権の方針は変わらないと述べた。大阪市で講演後、記者団に語った。

 ハガティ氏は、沖縄が日米同盟に果たしている役割に謝意を表明。その上で、現行の移設計画は「米国と日本の両政府の間で合意し、決まったことだ」と述べた。


(共同通信)