くらし

小田急登戸駅、ドラえもんで装飾 エレベーターは「どこでもドア」

 小田急線登戸駅構内にある、「どこでもドア」をイメージしたエレベーター=26日午後、川崎市多摩区

 「川崎市藤子・F・不二雄ミュージアム」の最寄りの小田急線登戸駅(川崎市多摩区)が人気アニメ「ドラえもん」のキャラクターで装飾され、完成式典が26日、開かれた。駅名が書かれた看板は青色に塗られ、赤い線の上に鈴が描かれた。ごみ箱やベンチもドラえもんをイメージした色や形になり、駅構内のエレベーターは「どこでもドア」になっている。

 近所に住む加藤凜空君(5)は「ドラえもんとキャラクターがたくさん見られて楽しかった」と笑顔。長男(2)とエレベーターに乗った川崎市の主婦(37)は「子どもが好きなので喜んでくれそう」と話した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス