スポーツ

ヤクルト、塩見が7戦連続安打 「結果が一番大事」

 日本ハムとの練習試合で二塁打を放ったヤクルト・塩見=浦添

 ヤクルト2年目の塩見が日本ハムとの練習試合で実戦7試合連続安打をマークし、充実したキャンプを締めくくった。帝京大時代の同期でもある西村から二塁打を放ち「結果が一番大事。打撃コーチに指導してもらったことが再現できてきた」と満足そうに話した。

 青木、バレンティン、雄平らの外野陣に割って入ることが目標で「(定位置を)勝ち取らないと」と意気込んだ。小川監督は「キャンプでは非常によく頑張ってくれた」と評価した。(浦添)


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス