国際

米朝首脳、非核化打開目指す 今夜、ハノイで8カ月ぶりに対面

 26日、ハノイで側近から米側との交渉状況について報告を受ける北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左から2人目)(朝鮮中央通信=共同)

 【ハノイ共同】トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は27日夜、ベトナムの首都ハノイで短時間の会談と夕食会を開き、2日間の首脳会談をスタートさせる。朝鮮中央通信によると、金正恩氏は26日、米側との交渉状況について側近らから報告を受けた。両首脳は昨年6月にシンガポールで初会談以来、約8カ月ぶりの対面。非核化や関係改善に向けた具体的な進展が見られない中、トップ同士の直接交渉で膠着状態の打開を目指す。

 トランプ氏は27日、ツイッターに「北朝鮮が非核化すれば非常に早く繁栄する。北朝鮮の潜在力はすごい」と書き込み、非核化を実現するよう求めた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス