社会

生徒自殺で元担任ら不起訴、福井 中2、校舎から転落死

 自殺した男子生徒が通っていた福井県池田町立池田中学校

 福井県池田町で2017年3月、町立池田中2年の男子生徒=当時(14)=が自殺した問題で、福井地検は27日、業務上過失致死容疑で告発されていた当時の担任と副担任、校長の3人を不起訴処分とした。

 告発した市民団体によると、地検は処分理由を嫌疑不十分としており、団体は検察審査会へ審査を申し立てる方針を示した。

 生徒は17年3月14日朝、同校の校舎から転落して死亡した。町の調査委員会が同年10月、「担任らの厳しい指導、叱責が原因」とする報告書を公表。同12月には市民団体が、遺族の許可を取り、担任ら3人を同容疑で福井地検に告発していた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス