社会

体罰禁止の法明記を、自民特命委 DV対策も

 千葉県野田市で小学4年の栗原心愛さん(10)が亡くなった事件を受け、児童虐待防止を目指す自民党の特命委員会が27日会合を開き、親の体罰禁止の法明記や、児童相談所とドメスティックバイオレンス(DV)の対応機関との情報共有を求める提言案について議論した。28日に取りまとめて公表し、政府が今国会に提出する児童福祉法と児童虐待防止法の改正案に反映させたい考えだ。

 「しつけ」と称した虐待事件が後を絶たないことから、体罰禁止を改正案に明記するよう要請する。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス