社会

佐賀市長、3カ月無給の懲戒案 体育館改修、市議会に説明なく

 佐賀市議会に説明せず廃校となった小学校の体育館を改修したとして、秀島敏行市長は27日、自身の給与を3月から3カ月間無給とする懲戒処分案を発表した。追加議案として近く市議会に提出する予定。改修を主導した畑瀬信芳前副市長は引責辞任しており、秀島市長は「自分には任命責任がある」と謝罪した。

 処分案に3月末で任期満了となる御厨安守副市長の減給2分の1(1カ月)を盛り込んだほか、総務部長ら幹部5人も減給10分の1(1カ月)とした。

 市議会は昨年10月、関連費用を盛り込んだ17年度決算を全会一致で不認定とした。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス