社会

笹子トンネル事故慰霊碑に桜植樹 「大きくなれ」遺族願う

 桜の苗木に土をかける、中央自動車道笹子トンネルの天井板崩落事故の遺族ら=27日午後、山梨県大月市

 2012年12月に9人が死亡した中央自動車道笹子トンネル(山梨県)の天井板崩落事故で、亡くなった石川友梨さん=当時(28)=の遺族らが27日、慰霊碑のそばに桜の苗木2本を植樹した。友梨さんは桜が好きで、母佳子さん(60)=神奈川県横須賀市=は「友梨の桜、大きくなれ」とのメッセージを書いた桜の木片を根元に添えた。

 苗木は日本三大桜の一つで、樹齢2千年ともいわれるエドヒガンザクラ「山高神代桜」(山梨県北杜市)の種を、ボランティアで桜の世話をしてきた三枝基治さん(69)が育てた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス