経済

日本製紙、秋田バイオマスを撤回 参入相次ぎ、燃料費は高騰

 日本製紙は27日、秋田工場(秋田市)で計画していたバイオマス発電事業を撤回したことを明らかにした。バイオマス発電への参入が相次ぎ、海外から調達する燃料の木質ペレットや建設費の高騰で採算の見通しが立たなくなったため。各地のバイオマス発電計画にも影響する可能性がある。

 日本製紙の計画では、秋田工場の敷地に石炭と木質ペレットをまぜた燃料を使うバイオマス発電所(出力11・2万キロワット)を2021年度に稼働する予定だった。建設費は約500億円と想定していた。馬城文雄社長は撤回の理由について「今の建設費やバイオマス燃料の購入費を考えると収益的に厳しい」と説明した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス