国際

韓国、最大野党代表に黄前首相 保守の復権目指す

 27日、韓国の自由韓国党の新代表に選ばれた黄教安氏(聯合=共同)

 【ソウル共同】韓国の保守系最大野党、自由韓国党は27日、党代表選を実施し、朴槿恵前政権で首相を務めた黄教安氏(61)が当選した。黄氏は「党の再起に全てをささげる」と述べた。来年の国会議員総選挙や2022年の大統領選に向け、政権奪取を目指す党の看板となる。

 保守系の朴前政権が崩壊後、自由韓国党は支持の低迷が続く。今回の代表選では朴氏に近い「親朴」と、対抗する「非朴」の派閥争いが鮮明化。黄氏は党団結の必要性を訴えていた。ほかに、前ソウル市長の呉世勲氏(58)、朴氏に近い金鎮台氏(54)が出馬した。


(共同通信)