国際

ロシア、豚コレラで禁輸 5府県対象

 【モスクワ共同】ロシア動植物衛生監督庁は27日、養豚場などで豚コレラ感染が確認されている長野、愛知、岐阜、大阪、滋賀の5府県からの豚肉や豚肉加工品、生きた豚などの輸入を26日から禁止する措置を取ったと発表した。インタファクス通信などが報じた。

 日本政府関係者は「日本からロシアへの豚肉などの輸出実績はほとんどなく、予防的措置でないか」としている。

 豚コレラは、豚やイノシシ特有の家畜伝染病。感染力が強く、致死率が高いが、人にはうつらず、感染した豚の肉を食べても影響はない。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス