社会

関空修復橋桁で通行再開 まず2車線、4月完全復旧

 南側橋桁での車両の通行が再開した関西空港連絡橋=27日午後10時17分

 昨年9月の関西空港連絡橋へのタンカー衝突で破損し、修復に伴い新しく設置された南側橋桁の下り3車線のうち2車線で27日夜から車両の通行が再開した。午後10時ごろから、作業員らが車道に置いていたブロックを外すと、警察車両に先導された車が列を作り空港方面に向かった。

 これまでは無事だった北側上り3車線の1車線を上り、残る2車線を下りとして運用。橋桁の利用開始で連絡橋は北側上り1車線、南側下り2車線の通行になり、3月7日朝からは上下各2車線に拡大する。各3車線での完全復旧は、当初予定の大型連休前から4月上旬に前倒しできる見込み。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス