スポーツ

卓球の伊藤美誠が高校卒業 「東京五輪の金に向け卓球専念」

 伊藤美誠

 1月に行われた卓球の全日本選手権で女子シングルスとダブルス、混合ダブルスの3種目を2年連続で制した伊藤美誠(スターツ)が28日、大阪・昇陽高の卒業式に出席した。所属先を通じ「卒業後は、2020年の東京オリンピックで金メダルという小学生の頃からの夢に向かって卓球に専念します」などとコメントを発表した。

 静岡県出身の伊藤は、昇陽中進学を機に大阪を拠点として活動。高校1年時の16年にリオデジャネイロ五輪へ出場して団体で銅メダルを獲得した。「海外遠征が続いて通えない日もありましたが、学校で過ごした時間は私にとって大切な思い出です」と感謝の言葉をつづった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス