スポーツ

相撲、復活期す鶴竜が本格始動 正代、豊山と21番取り全勝

 時津風部屋に出稽古し、本格始動した横綱鶴竜=大阪市

 大相撲で直近2場所を全休と途中休場し、春場所(3月10日初日・エディオンアリーナ大阪)で復活を期す横綱鶴竜は28日、大阪市東成区の時津風部屋に出稽古して本格始動した。幕内の正代、豊山と21番取って全勝。番付発表後から相撲を取ったのは初めてで「気持ちよかった。毎日(相撲を)取っていくうちに(感覚を)思い出していくだろう」と落ち着いた口ぶりで話した。

 右前まわしを引いてからの寄りや突き、押しも交えた多彩な攻めを見せ、好調をアピール。右足の裏に水がたまっているそうだが「もちろん春場所に出るつもりでやっている。動いても大丈夫だった」と前向きだった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス