社会

小4死亡検証で江川紹子氏が要望 「大人も守る制度設計を」

 取材に応じる江川紹子さん(右)と日本大の鈴木秀洋准教授=28日午後、千葉県野田市

 千葉県野田市立小4年の栗原心愛さん(10)が自宅で死亡し、両親が傷害容疑で逮捕された事件を受け、28日に開かれた市の合同委員会の初会合後、委員のジャーナリスト江川紹子氏は「子どもを守るには、学校や市教育委員会など周囲の大人も守るような制度設計が必要だ」と要望した。

 江川氏は「威圧感があり、クレーマーのような親が問題になった」と指摘。

 合同委は再発防止策の具体化を急ぐ方針を確認。「スクールロイヤー」として弁護士が定期的に学校を訪問して法的相談に乗り、保護者との面談にも立ち会う制度の導入などを想定している。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス