政治

田畑衆院議員、1日に辞職 自民、選挙への影響懸念

 田畑毅衆院議員

 準強制性交容疑で刑事告訴された田畑毅衆院議員=比例東海、当選3回=の議員辞職が3月1日の衆院本会議で許可される。自民党の二階俊博幹事長は28日、田畑氏が所属した二階派会合で「緊張感と責任感を持って対応しなければいけない」と派内の引き締めを図った。党内には、統一地方選への影響を懸念する声も上がる。

 二階氏は派閥議員に「この頃、心を痛める日が多い。自民党や国民に迷惑を掛けないよう引き締めていこう」と念押しした。二階派関係者は「党が田畑氏を守っていると映りかねない。女性有権者の反応は厳しい」と語り、統一地方選を考慮すれば辞職は避けられなかったと明かした。


(共同通信)