社会

いじめ調査非開示で提訴、福島 元生徒の父、町に賠償請求

 2014年に中学1年だった長男へのいじめに関するアンケート結果の開示を拒否され精神的苦痛を受けたとして、福島県会津坂下町の男性(54)が28日までに、町に100万円の損害賠償を求め、会津若松簡裁に提訴した。訴訟は福島地裁会津若松支部に移され、第1回口頭弁論が3月14日に開かれる予定。長男は今年1月に自殺した。

 訴状などによると、アンケートは17年3月に町教育委員会が生徒や保護者に実施した。有識者による専門委員会は同年7月「いじめを受けた可能性が非常に高いが、断言できない」と報告。男性は開示するよう町に請求したが、個人情報への配慮などを理由に拒否された。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス