社会

対教師暴力で学校側を提訴、大阪 「労働環境の改善怠った」

 記者会見する大阪府四條畷市の市立中の男性教諭=28日午後、大阪市の司法記者クラブ

 大阪府四條畷市の市立中の40代男性教諭が28日、男子生徒の暴力で重傷を負い、生徒親族から嫌がらせも受けたが、学校側が公務災害の申請を長期間拒むなど労働環境の改善を怠る安全配慮義務違反があったとして、市と府に約920万円の損害賠償を求め大阪地裁に提訴した。

 訴状などによると、教諭は2013年12月の給食時間中、教室の扉を蹴り始めた当時中1だった男子生徒を注意。生徒から顔を殴られてもみ合いとなり、鼻骨を折り、手首を痛め後遺症を負った。学校側は救急車や警察官を呼ばず、校長は約3カ月後に公務災害の申請手続きをするまで、はぐらかした。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス