芸能・文化

兼高さんしのび400人が参列 「海外で頑張る姿に憧れ」

 東京都内のホテルで開かれた兼高かおるさんをしのぶ会=28日午後

 海外紀行番組の草分け「兼高かおる世界の旅」の案内役を務めた旅行ジャーナリストで、1月に90歳で死去した兼高かおるさんをしのぶ会が28日、東京都内のホテルで開かれた。親交のあった作家の下重暁子さんや旅行業界の関係者ら約400人が参列し、故人を哀悼した。

 下重さんは弔辞で「番組を見てとても憧れた。女性が海外に出て仕事を頑張っている姿に、すごく刺激を受けました」と振り返った。

 会場には、好きだったバラの花に囲まれた遺影が置かれ、約150カ国を巡った番組の取材当時の写真やメモ帳も展示。ダイジェスト映像も流された。


(共同通信)