政治

監察委員長、正当性を強調 統計不正、隠蔽認めない報告書

 衆院予算委で答弁のため挙手する特別監察委の樋口美雄委員長=28日午後

 厚生労働省の毎月勤労統計不正を再調査した特別監察委員会の樋口美雄委員長(労働政策研究・研修機構理事長)は28日の衆院予算委員会の集中審議で、組織的隠蔽を認定しなかった追加報告書の正当性を重ねて強調した。野党は「不十分で身内に甘い内容だ。統計不信を払拭できるものではない」と批判した。

 樋口氏は「隠蔽とは、法律違反や極めて不適切な行為を対象に、事実を認識しながら意図的に隠そうとする行為と考えた。これに従って検討した」と説明。「組織的隠蔽がなかったと言っているのではなく、あったと言うことはできない」とも述べ、理解を求めた。


(共同通信)