くらし

富山湾でホタルイカ漁解禁 春の訪れ告げる青白い光

 ホタルイカ漁が解禁され、仕掛けた定置網をたぐり寄せる漁師たち=1日未明、富山県滑川市沖の富山湾

 富山県の特産として知られるホタルイカ漁が1日、同県滑川市沖などで解禁された。漁師たちが網をたぐり寄せると、ホタルイカの青白い光がぽつぽつと海面に浮かび上がり、富山湾に春の訪れを告げた。

 約60人の漁師が午前4時ごろ、大船3隻と小船3隻に乗り込み、滑川漁港を出発。定置網を仕掛けた約2キロの沖合で2隻が一組となり、網を引き上げ始めると、カモメなどの海鳥が群がり、マイカや雑魚に混じってホタルイカが海面を揺らめく姿が見られた。

 市によると、解禁初日は1・5キロの水揚げ。統計のある2008年以降で最少となった。漁は6月中旬まで続く見通し。


(共同通信)