経済

三菱UFJ、航空機事業を買収 7千億円、独大手銀から

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は1日、ドイツ大手銀行DZバンクの子会社から航空機ファイナンス事業を買収する方向で最終調整に入った。買収額は7千億円規模になる見込みだ。

 航空機の需要は、新興国の経済成長などを背景に世界的に拡大している。MUFGは、低金利の継続などで本業の貸し出しによる利益が細る中で、収益拡大に向けてこの分野に注力する方針を示していた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス