政治

玉城氏、辺野古の工事中止要請 首相と会談、県民投票結果通知

 安倍首相との会談後、報道陣の質問に答える沖縄県の玉城デニー知事=1日午後、首相官邸

 沖縄県の玉城デニー知事は1日昼すぎ、官邸で安倍晋三首相と会談し、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡る県民投票の結果を通知した。玉城氏は「辺野古移設断念を求める民意が初めて明確にされたことは、極めて重要な意義がある」と述べ、工事中止を要求。一方、安倍首相は辺野古移設は「もはや先送りできない」と県側に理解を求めた。

 玉城氏は会談で、日米両政府と県による3者協議の場を設けるよう求めた。首相との会談に先立ち1日午前、在日米大使館も訪れ、ヤング駐日米首席公使と面会した。ヤング氏は「結果をしっかり受け止めて(ハガティ大使に)報告する」と述べた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス