政治

日米外相が電話会談 対北朝鮮で連携確認

 河野太郎外相は1日、ポンペオ米国務長官と電話会談し、ベトナムで開かれた米朝首脳再会談の結果について説明を受けた。両氏は北朝鮮の核・ミサイル問題と日本人拉致問題の解決に向けた今後の方針を擦り合わせ、引き続き緊密に連携していくことを確認した。電話会談は約20分間。外務省が発表した。

 河野氏は1日の記者会見で「米朝の(非核化)プロセスを後押しし、核、ミサイル、拉致問題の解決に向けて日米が一層緊密に連携していきたい」と表明した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス