経済

東京円、一時111円84銭 2カ月ぶり安値

 1日の東京外国為替市場の円相場は下落し、一時1ドル=111円84銭を付けた。昨年12月20日以来、約2カ月ぶりの円安水準だった。

 午後5時現在は、前日比1円06銭円安ドル高の1ドル=111円81~82銭。ユーロは1円10銭円安ユーロ高の1ユーロ=127円15~19銭。

 米国の実質国内総生産(GDP)伸び率が予想ほど減速せず、日米金利差拡大を意識した円売りドル買いが進行。日経平均株価の上昇も投資家のリスク回避姿勢を弱め、円安の流れが加速した。

 市場では、1ドル=112円台になれば利益確定の取引が増えるため「ドルの上値は重い」(外為ブローカー)との声が出た。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス