スポーツ

巨人の上原、力強く投球練習 左膝の状態は順調

 2軍キャンプで調整していた巨人の上原浩治投手が1日、川崎市のジャイアンツ球場で投球練習を行った。力強く腕を振って41球を投げた後に小谷巡回投手コーチとフォームをチェックしてさらに11球。「キャンプと変わらず、投げ込んで体に覚えさせないと」と汗を拭った。

 昨秋に手術した左膝の状態は良さそうで「もうほぼ気にせずやっている」と話した。キャンプ期間中には打撃投手を務め、視線を実戦のマウンドに向けつつある。「打撃投手でバッターが立っているのでそんなに(実戦でも)違和感はないと思う。自分の中ではいつでも行けます」と順調な調整を強調した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス