証明シール不正売買に対策要請へ 厚労省、かかりつけ薬剤師研修で

 患者ごとの状況を把握して適切に服薬指導する「かかりつけ薬剤師」を巡り、必要な研修を受けたことを証明するシールが不正に売買されていることが1日、分かった。インターネットのオークションサイトなどで売買されており、厚生労働省は制度への信頼を揺るがしかねないとして、研修を実施する団体に対策を求める方針だ。

 かかりつけ薬剤師は、2016年度に創設された制度。

 研修機関の最大手である「日本薬剤師研修センター」では、受講の証しとしてシールを交付しているが、このシールが5枚計1万5千円などで売買されていることが判明。厚労省は防止のため、名簿による管理の徹底などを求める。


(共同通信)