国際

イルカ監獄の97頭、近く解放へ ロシア極東、中国向けに取引

 ロシア・ナホトカ近郊の海上のおりに生け捕りにされているシロイルカ=1日(タス=共同)

 【ウラジオストク共同】ロシア極東でシロイルカ(ベルーガ)とシャチが「イルカ監獄」に生け捕りにされ、中国の水族館向けに取引されている問題で、連邦保安局は1日までに、事業に関与した4社に対する捜査を発表した。存在が確認された97頭については、近く解放される見通し。ロシアメディアが報じた。

 昨年、極東ナホトカ近郊の海上に浮かべられた鉄のおりに100頭以上が捕獲されていることが発覚。伝染病や、冬は海が凍結するため、低温による衰弱が心配されていた。既に数頭が行方不明になっており、自力で抜け出したか、死んでしまったとみられている。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス