国際

米、「宇宙軍」創設へ法案提出 中ロにらみ態勢整備を急ぐ考え

 声明を出したシャナハン米国防長官代行(ゲッティ=共同)

 【ワシントン共同】米国防総省は1日、宇宙分野の脅威に対抗する新たな軍となる「宇宙軍」創設のための法案を議会に提出したと発表した。トランプ政権は宇宙開発を加速させる中国、ロシアをにらみ創設を急ぐ考えで、2020会計年度(19年10月~20年9月)に発足させ、5年間で約1万5千人の体制を整える。

 国防総省によると、費用は5年間で20億ドル(約2238億円)を見込む。20会計年度に約200人、予算7200万ドルを確保し、軍を立ち上げる計画。議会が承認すれば陸海空、海兵隊、沿岸警備隊に次ぐ6番目の軍となる。法案提出は2月27日。


(共同通信)