くらし

飲んで踊ってみんなで乾杯、高知 土佐の「おきゃく」始まる

 土佐の「おきゃく」が始まり、酒を手に盛り上がる人たち=2日午後、高知市

 酒や料理を囲み、歌ったり踊ったりする土佐の「おきゃく」が2日、高知市中心部で始まった。10日までの期間中、街のあちこちに屋台やテーブルが設けられ、よさこい踊りやお座敷遊び体験といったイベントが開かれる。今年で14回目。

 おきゃくは宴会を意味し、家族や友人だけでなく、隣り合った人など初対面の人と酒を酌み交わして親交を深める。オープニングセレモニーでは尾崎正直高知県知事が「高知ならではの文化をみなさんで楽しみましょう」とあいさつした。

 曇り空の下、高知市内の広場に設置されたテントで、午前10時から飲んでいた男性は「最高の気分です」と満面の笑みを浮かべた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス