芸能・文化

若狭から「お水送り」、福井 奈良・東大寺へ

 伝統行事「お水送り」で、遠敷川に「お香水」を注ぐ住職ら=2日夜、福井県小浜市

 「お水取り」の名で知られ、早春の風物詩となっている「修二会」が始まった奈良市の東大寺二月堂へ、若狭地方から水を送る伝統行事「お水送り」が2日、福井県小浜市で行われた。

 同市の神宮寺境内では大護摩がたかれ、その火を移したたいまつを持った僧侶が行列を作り、遠敷川に沿って上流へ移動。行列には一般客も参加でき、約2キロ先の「鵜の瀬」に到着すると、住職が竹の筒に入った「お香水」を川に注いだ。

 奈良県生駒市から訪れた女性(70)は「初めて来たが、たいまつの行列は人が多くきれいで楽しませてもらった。お水取りも見に行こうと思います」と満足げだった。


(共同通信)