スポーツ

ノルディック複合団体で日本4位 世界選手権、距離の石田は24位

 複合団体 4位でゴールし引き揚げるアンカーの渡部暁斗(2)=ゼーフェルト(共同)

 【ゼーフェルト(オーストリア)共同】ノルディックスキーの世界選手権第11日は2日、オーストリアのゼーフェルトで行われ、複合団体で山元豪(ダイチ)永井秀昭(岐阜日野自動車)渡部暁斗、渡部善斗(ともに北野建設)の日本は4位だった。前半飛躍(ヒルサイズ=HS109メートル)で、合計493・0点の2位につけたが、首位オーストリアと1秒差でスタートした後半距離(20キロ)で順位を落とした。前半3位のノルウェーが7大会ぶりに優勝した。

 距離女子30キロフリーで石田正子(JR北海道)は24位、児玉美希(日大)は42位、石垣寿美子(秋田ゼロックス)は45位。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス