スポーツ

中日の松坂、2日続けて投げる 10メートルまで距離延ばす

 ネットへ向かって投げる中日・松坂=ナゴヤ球場

 右肩炎症のため別メニューで調整している中日の松坂大輔投手が3日、ナゴヤ球場の室内練習場で2日に続き、ネットへ向かってボールを投げ込んだ。2日は5メートルだった距離を10メートル程度まで延ばし、振りかぶってゆったりとしたフォームから力強い球を約50球投じた。

 投球を再開したことによる肩への張りは「ないです」と断言。キャッチボール再開など次のステップについては「その日の状態を確認しながら」と慎重に判断する考えを示した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス