くらし

「移住びな」町長が出迎え、鳥取 日野町、人口より人形が多く

 全国から譲られ、鳥取県日野町に「移住」したひな人形

 飾られなくなったひな人形を全国から譲り受ける事業に取り組む鳥取県日野町の町長らは桃の節句の3日、空の便で届いた人形を出雲空港(島根県出雲市)で出迎えた。人形に「特別住民票」を発行し「移住」してもらう事業の一環。

 人口約3140人(2月末時点)と過疎化が進む中「増やすのは人間でなくてもいいのでは」と、町商工会が「人口補完計画」と銘打ち、昨年4月に受け入れ開始。これまでに東京から大分まで全国13都府県から、町の人口を上回る約3200体が寄せられた。

 町は、希望する元持ち主に「ふるさと住民票」を発行し、町の広報誌などを定期的に届ける。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス