スポーツ

竹田氏がOCA副会長に再任 五輪招致で疑惑、不問と結論

 JOCの竹田恒和会長

 【バンコク共同】アジア・オリンピック評議会(OCA)は3日の総会で役員を改選し、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)を副会長に再任した。アハマド会長(クウェート)も再選された。いずれも任期は4年。

 2020年東京五輪招致を巡ってフランス司法当局から贈賄容疑で正式捜査を開始された竹田氏は、例年出席していた総会を欠席。OCAの倫理委員会は竹田氏について不正行為は確認されなかったとして、OCAの役職を継続することは問題ないと結論づけたことが報告された。

 アハマド会長は「絶大な信頼を置いており、何の疑いもない。彼と仕事ができて光栄だ」と語った。


(共同通信)