社会

築城基地でF2の訓練飛行を再開 航空自衛隊、墜落事故後初

 2月に墜落したF2戦闘機の同型機(航空自衛隊提供)

 所属するF2戦闘機の墜落事故が2月にあった航空自衛隊築城基地(福岡県)は4日、事故後初めて、F2が訓練飛行したと明らかにした。午前8時50分に2機が基地を出発し、山口県沖の日本海上空で訓練を実施したという。「機体の安全点検や、隊員の再発防止の教育が完了した」と説明している。

 基地がまたがる福岡県行橋市と築上町、みやこ町は事故を受け、原因が解明されるまでF2戦闘機の飛行中止を基地側に申し入れていた。基地によると、3自治体には事故原因や再発防止策を説明した上で謝罪し、4日の訓練飛行再開への反対はなかったという。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス