社会

5月4日に一般参賀 皇居で新天皇即位祝い

 平成最後の一般参賀に臨まれる天皇、皇后両陛下と皇族方=1月2日、宮殿・長和殿

 皇太子さまの新天皇即位を祝う一般参賀が、5月4日に皇居・宮殿で行われることが4日、宮内庁への取材で分かった。10月22日にある代替わりの重要儀式「即位礼正殿の儀」の後に実施を検討していたが、代替わり後の早い時期に国民が祝う機会を設けた方がいいとして、前倒しを決めた。

 4月27日から始まる10連休中の方が、足を運びやすいことも考慮した。4月30日に退位し、上皇となる天皇陛下と、上皇后となる皇后さまは参加されないとみられる。

 毎年1月2日の新年一般参賀は通常5回、天皇誕生日は3回の参賀の機会があるが、今回の回数や、出席する皇族の詳しい内訳は検討中という。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス