国際

中国、「発展の利益」堅持と強調 対米で全人代報道官

 中国全人代の開幕を前に開かれた記者会見=4日、北京の人民大会堂(共同)

 【北京共同】中国の第13期全国人民代表大会(全人代=国会)第2回会議が5日に開幕するのを前に、全人代の張業遂報道官が4日、北京の人民大会堂で記者会見した。張氏は貿易摩擦を抱える米国との関係について「衝突せず対抗せず」の方針を維持するが「主権と安全、発展の利益は断固として守る」と強調した。

 張氏によると、会期は15日まで。5日には李克強首相が政府活動報告を行い、王毅国務委員兼外相が8日に記者会見する。外国企業の技術を中国側へ強制的に移転させることを禁じた「外商投資法」を審議し、閉幕日の15日に採決する。米国との通商交渉を念頭に一定の譲歩姿勢を示す。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス