スポーツ

ラグビー、マフィが代表候補復帰 暴行事件謹慎から、合宿に招集

 NTTコミュニケーションズのアマナキ・レレイ・マフィ

 日本ラグビー協会は4日、昨年ニュージーランドで暴行事件を起こしたため日本代表から外れていたナンバー8アマナキ・レレイ・マフィ(NTTコミュニケーションズ)を代表候補合宿に招集すると発表した。千葉県浦安市で行う同日の練習から合流する。

 前回ワールドカップ(W杯)で活躍したマフィは、昨年7月にスーパーラグビーの同僚選手を暴行した疑いで一時身柄を拘束された。自宅謹慎などを経て、11月のトップリーグのカップ戦から実戦復帰した。日本協会によるとニュージーランドでの司法手続きの進展を見守っていたが、裁判の延期が続き、短期間で終結の見込みがないという。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス