経済

吉野家、新サイズの超特盛・小盛 7日から、「28年ぶり」

 「超特盛」など2サイズが加わり、全6種類となった吉野家の牛丼

 吉野家は4日、牛丼に「超特盛」(1杯780円)と「小盛」(360円)の2サイズを新たに加え、6種類にすると発表した。7日に販売を始める。新サイズの牛丼登場は「特盛」を設けた1991年以来、28年ぶりだとアピールしている。

 超特盛は牛肉が大盛の2倍で、ご飯は大盛や特盛と同じ量。ボリュームを求める若者の需要を見込んだ。小盛は女性や子ども向けに、総量を並盛の約4分の3に抑えた。

 2013年に正式メニューとした「アタマの大盛」は以前も注文ができたため、最近加えた新サイズとはしていない。

 朝食メニューに、おかず3品を組み合わせる「一汁三菜朝膳」メニューも追加する。


(共同通信)