スポーツ

青基調のウエアお披露目 ラグビーW杯ボランティア用

 お披露目されたラグビーW杯のボランティア「TEAM NO―SIDE」が着用するユニホーム=4日午後、東京都新宿区

 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の開幕まであと200日となった4日、東京都内で大会ボランティア「TEAM NO―SIDE(ノーサイド)」が着用するユニホームがお披露目された。大会基本カラーの青を基調にして観客が見つけやすいように黄色も使用。秋の寒暖差に対応するため、通気性などに工夫をこらした。

 半袖、長袖のポロシャツには日本伝統の紋様を入れ、汗を吸いやすく、早く乾く素材を採用。左胸に国内の職人の知識も生かした大会エンブレムの刺しゅうを施した。ジャケットは防水、防寒機能を高め、ズボンは動きやすいように伸縮性のある素材を取り入れた。


(共同通信)