経済

東京円、一時112円01銭 2カ月半ぶり円安水準

 週明け4日の東京外国為替市場の円相場は、一時1ドル=112円01銭まで下落した。昨年12月20日以来、約2カ月半ぶりの円安水準となった。

 午後5時現在は前週末比09銭円安ドル高の1ドル=111円90~91銭。ユーロは06銭円高ユーロ安の1ユーロ=127円09~13銭。

 米中貿易協議が最終局面に進んだとの一部報道で投資家のリスク回避姿勢が和らぎ、比較的安全な資産とされる円が売られた。日経平均株価の上昇も円売りドル買いを後押しした。

 市場では「世界的な株高基調で投資家心理が良くなっている」(外為ブローカー)との見方が出た。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス