政治

首相、拉致進展の有無回答避ける 日朝「交渉中」理由に

 参院予算委で答弁する安倍首相=4日午後

 安倍晋三首相は4日の参院予算委員会で、先月末の米朝首脳再会談で日本人拉致問題の進展を得られたかどうかを問われた際、正面からの回答を避けた。継続中の日朝交渉の中身に関わるためだとした上で「発言を控えさせていただきたい」と繰り返した。

 期待を寄せた米朝再会談で目に見える前進がなかったことをうかがわせる答弁。トランプ米大統領による拉致提起を通じて事態打開を図ろうとした筋書きに狂いが生じた印象は否めず、首相は野党からの追及に苦慮しそうだ。

 国民民主党会派の森裕子氏(自由党)は「何も進んでいないから聞いている。もっと具体的に前へ進めてほしい」と批判した。


(共同通信)