国際

韓国の駐日大使に南官杓氏 刷新で関係修復狙いか

 韓国の駐日大使に内定した南官杓氏(聯合=共同)

 【ソウル共同】韓国大統領府が李洙勲駐日大使を近く交代させ、南官杓・前国家安保室第2次長(62)を後任に充てる人事を内定したことが4日、分かった。韓国メディアが一斉に報じた。大使交代による刷新で、元徴用工訴訟やレーダー照射問題で悪化した日韓関係を立て直す契機にしたい文在寅大統領の意向が反映されたとの見方が出ている。

 李氏は学者出身で、2017年10月に駐日大使に就任した。一方、南氏は外交官出身。1992~95年に在日韓国大使館の1等書記官を務め、ハンガリー大使やスウェーデン大使を経て、先月まで外交・安保を統括する国家安保室第2次長を務めた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス